• DOGHUG

トイプードル毛玉&もつれになってしまったワンちゃん




耳からすべて全身毛玉なのですっきり短くしてくださいとの事だったのでほぐすこと無く対応できたのでほっと安心しました(*´▽`*)


触ってみると毛の間に空間が無い状態のフェルト状態のもつれ、毛玉でした(+o+)


バリカンで毛を刈って行くのですが皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。


例えるなら人の頭皮と髪の毛全部にガムが付着してしまった状態と考えて頂ければ幸いです。


ガムが頭皮全体にみっちり付着しているので皮膚を押さえながらガムを持ち上げその間にバリカンをかけて行くのですが、ガムを引っ張ると当然のことながら頭皮もくっついてきます💦


痛いしとっても時間もかかります。嫌がったり、痛がったりする子の時には噛みついてきます。本当に胸が痛くなります。私達大人でも頭にガムがみっちりくっついてしまったら、少し引っ張られただけで涙が出るくらい痛いですよね。ワンちゃんは痛いよ!やめて!!と言いたくても喋れないので最終手段として噛むことをして抵抗してきます。


毛玉が皮膚から離れている場合、皮膚にバリカンがあたる危険度は減りますが、スリッカーやハサミで取るため皮膚を赤くしてしまう事があります。


毛玉ができた状態をほおっておくと皮膚呼吸が出来なくなり皮膚が炎症起こしてしまいます。炎症している皮膚は非常に傷つきやすい状態なので赤くなりやすいです。また長い間放置している子だとすでに皮膚がただれてたり、かぶれている可能性もあります。



私達トリマーケガをさせないように細心の注意を図って作業をしておりますが、状態によっては赤くこすれたり、皮膚にバリカンがあったってしまうことがありますのでどうぞ毛玉になる前にトリミングに出してあげてください♡毛玉は常に皮膚が引っ張られている状態であり皮膚呼吸が出来ない状態と言う事を知っていただけたら嬉しいです。


初めてトイプードルを飼われたオーナー様はどれくらいの頻度でトリミングに出したら良いのか、ブラッシングの必要性などわからない方が殆どなのでこの機会に知っていただけたらとおもいます。ブラッシングもお家で3日に1回程度してあげれるのが一番いいのですが、ワンちゃんが嫌がる時にはブラッシングが余計嫌いになってしまう可能性もあるので、その時はしないであげてください。


トイプードルちゃんだとだいたい長くて2カ月に1度はトリミングに出すことをすすめております。全身ツルっとした子であっても、定期的に肛門腺絞りやお耳の掃除だけにでも出してあげてくださいね(^^♪


長文お読み頂きありがとうごさいました♡




1回の閲覧

© 2018DOGHUG.All Rights Reserved.

  • Facebook-Doghug
  • Twitter-Doghug
  • Instagram-Instagram